住宅ローンは返済シミュレーションが重要

0年0月の投稿一覧

住宅ローンの借り換えで考えておかなければいけない事は?

住宅ローンの借り換えとは、現在借りているローンの全額を返済してしまい、新たに金利の低い金利のローンで借り入れることを言います。固定金利で借りていたが、金利がどんどん下がっているため金利を低くしたいという方には検討してみる価値がありますよ。

特に今は、金利が低くなっていますから、借り換えをする人には何百万円得する人も少なくないかもしれません。さてこの借り換えですが、ただただ他の金利が低いところで借り換えればよいかというと、そうではありません。

失敗しない借り換えのポイントをいくつか挙げたいと思います。

まず1つ目は金利のタイプを選ぶことです。金利には、固定金利型と、変動金利型の2つがあります。金利が少し高いが安心した生活設計を立てたい方は固定金利型。金利が低いが金利が変動することでリスクを伴う変動金利型がよいかの選択が必要です。

2つ目は、保証料や手数料があるか確認することです。住宅ローンを借りるときは基本的には保証料がかかります。銀行によっては50万近くの金額がかかるのでいくらかかるのか確認し、他の金融機関と比較検討することが必要です。

3つ目は、繰上げ返済をする際に有料ではないか確認することです。住宅ローンを返済する上で、繰上げ返済をすることは上手に活用するための大事なことです。繰り上げ返済をすれば、元金も利子も減るのですから当たり前ですよね。しかし、繰上げ返済が有料であると全く意味がありません。

4つ目は、保険・手数料など付帯があるか確認することです。あなたが病気になったときも、医療保証付きローンから借りていれば一安心です。この保証も有料・無料とあるので無料をぜひ探していただきたいなと思います。

【参考にしたサイト】
住宅ローン借り換え手数料安い銀行は?諸費用比較【相場いくら?】

カテゴリー: その他
住宅ローンの借り換えで考えておかなければいけない事は? はコメントを受け付けていません。

住宅ローンのシミュレーション方法

どんなふうにローンのシミュレーションをしたら良いのでしょうか。月々の返済金額をどのくらいに設定するか、完済までどのくらいの期間がかかるかを正確に把握しなければなりません。シミュレーションが必要なのは、実行可能な返済計画をローンを利用する前にきちんと立てるためなのです。

実際ローンを利用する場合には、利息がつきものです。金利が高ければ返済金額も高くなりますが、金利は金融会社の貸し付け条件によって変わってきます。ローン会社のホームページやローン情報サイトの試算ページなどで、返済シミュレーションを行うことができるようです。実際に返済の期間や月々の返済金額などを、借入金額と利率を入力してから試算すると良いでしょう。

好きなように返済金額や回数などを変えながら、いろいろな角度から計算ができるというのが、シミュレーション長所です。数字を入れ替えたり調整したりという部分は、手計算では面倒な部分もシミュレーションならすぐに計算できます。シミュレーションは、ローンを上手に使うためにも是非活用することをおすすめします。

カテゴリー: その他
住宅ローンのシミュレーション方法 はコメントを受け付けていません。


最近のコメント

    カテゴリー

    ▲Pagetop